バルトレックスは通販

バルトレックスのゾビラックス違いについて

バルトレックスとゾビラックスは共にヘルペスウイルスの増殖をおさえる医薬品です。

単純疱疹や帯状疱疹、みずぼうそうの治療に用いられます。

ウイルスは細菌とは別の微生物です。

細菌より小さく、他の生物の細胞内で増殖するのです。

このなかでもヘルペスウイルスの仲間は、皮膚や粘膜に水ぶくれを作るのが特徴的です。

単純ヘルペスウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルスがその代表ですね。

単純疱疹や帯状疱疹は、そのウイルスが皮膚や粘膜で暴れた結果、水ぶくれや発赤を生じ、ピリピリと痛む病気です。

これらの医薬品は、そのような悪影響を及ぼすヘルペスウイルスに効果のある抗ウイルス薬です。

この種のウイルスが原因の帯状疱疹や水ぼうそう、性器ヘルペスなどの治療に用います。

ヘルペスウイルスの増殖をおさえますので、ウイルスの少ない発症初期に用いると効果的です。

初期治療により 病状の悪化がおさえられ、治癒が早まります。

ゾビラックスは、帯状疱疹治療の際の投薬量は、成人には1回800mgを1日5回経口投与となります。

1日5回も、薬を飲まなくてはいけないということがゾビラックスのネックになっています。

そこで、この欠点をなくすため、ゾビラックスを改良して作られた薬がバルトレックスです。

ゾビラックスの飲む回数が多いのは、ゾビラックスがすぐ分解されてしまうのが原因でした。

口から飲んだゾビラックスは、腸から吸収され、肝臓を通過してから、全身の血液に入ります。

このとき、ゾビラックスは肝臓で多くが分解されてしまいます。

つまり、ゾビラックスの場合、薬を飲んでもすぐ分解されてしまうので、次から次へと大量のゾビラックスを飲まなくてはいけないのです。

バルトレックスも肝臓で同じように分解を受けます。

ですが、分解を受けるのは、長く伸びたしっぽの部分となります。

そして、バルトレックスの場合、分解されて出来るのはアシクロビル、つまりゾビラックスです。

バルトレックスが、肝臓から出てくるとにはゾブラックスに変わって、全身にゾビラックスがいきわたることになります。

バルトレックスのような薬をプロドラックといいます。

プロドラックは、吸収されにくい薬を、体内により多く吸収されるように改良するときに使われる方法です。

だから、バルトレックスには注射薬はありません。

バルトレックスを注射するくらいなら。ゾビラックスを注射すればよいからです。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ