バルトレックスは通販

バルトレックスが突発性難聴に処方される場合

突発性難聴と抗ヘルペスウィルス剤「バルトレックス」の処方について。

突発性難聴とは、ある時点を境に急激な難聴に陥る症状を言い、突発難聴などとは異なる別種の難聴症になります。

突発性難聴の原因については現在のところ判明しておらず、突如として陥る難聴で特に原因がハッキリとしない物が分類されます。

突発性難聴の原因ではないか、と疑われる信憑性の高い説は、現在の所二種類あり、それがウィルス説と内耳循環障害説です。

内耳循環障害説は、内耳血管の循環障害によって難聴が引き起こされるという説で、耳の血流に何らかの障害が発生し、その結果として難聴に陥るのではないかと考えられれています。

非常に信憑性が高い説なのですが、突発性難聴にはほぼ再発が見られないという特徴があり、この点を説明する事が出来ないのが問題となっています。

対して、ウィルス説なのですが、何らかのウィルスに感染してしまい、その結果難聴が生じるという説です。

このウィルス説が突発性難聴に対して抗ヘルペスウィルス剤「バルトレックス」を処方する医師の判断理由になっているのだと思われます。

突発性難聴の患者は風邪に似た症状を訴えるという症例が多く報告されており、また再発しないという点からもウィルス説の根拠の一つとして挙げられています。

その為、ヘルペスが原因なのではないかという疑いが生じるのです。

バルトレックスは本来抗ヘルペスウィルス剤なのですが、“耳鳴り、眩暈、突発性難聴に効果あり”とも言われているのが処方の理由でしょう。

バルトレックスには、ウィルス感染した細胞内で活性化し、ウイルスDNA鎖の伸長を停止するという機能があり、ウイルスDNAの複製を阻害する効果があります。

この薬理から、突発性難聴の原因かも知れないという疑いのあるヘルペスウィルスへの警戒と突発性難聴に対する効果の可能性を踏まえて突発性難聴に抗ヘルペスウィルス剤のバルトレックスを処方する医師の方が居るのではないかと思われます。

実際、このバルトレックスを服用した事で突発性難聴が改善されたという症例は多く、信憑性は高い情報です。

バルトレックスの服用で症状が改善されなかったという例も多数ありますが、そもそもが原因不明の病であるという事を考えればこの処方に誤りは無いと個人的には判断します。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ