バルトレックスは通販

バルトレックスの添付文書の重要事項

バルトレックスの添付文書には、服用に際しての重要事項が書かれています。

用法、用量に関する注意事項は最も重要です。

免疫正常患者において、性器ヘルペスの再発抑制にバルトレックスを使用している際に性器ヘルペスの再発が認められた場合には、1回500mg1日1回から1回500mg1日2回投与に変更します。

治癒後は必要に応じ1回500mg1日1回投与の再開を考慮する必要があるでしょう。

また、再発抑制に対して本剤を投与しているにもかかわらず頻回に性器ヘルペス再発を繰り返すような方は、症状に応じて1回250mg1日2回又は1回1000mg1日1回投与に変更することを考慮しましょう。

腎障害のある方、または腎機能低下している方、そして高齢者では、精神神経系の副作用が現れやすいので、投与間隔を延長するなど注意します。

血液透析を受けている患者に対しては、患者の腎機能、体重又は臨床症状に応じて、クレアチニンクリアランス10mL/min未満の目安より更に減量することを考慮します。

肝障害のある方でもバラシクロビルは十分にアシクロビルに変換されます。

バルトレックスは、活性代謝物のアシクロビルに変換された後、主として腎臓から排泄されます。

高齢者では腎機能が低下していることが多いので、高いアシクロビルの血中濃度が持続する恐れがあります。

ですから投与間隔を調節し、患者の状態を観察しながら、慎重に投与します。

また、バルトレックスの投与中は適切な水分補給を行いましょう。

過剰に服用してしまうと、急性腎不全、精神神経症状(錯乱、幻覚、激越、意識低下、昏睡等)が報告されていますので、絶対に避けましょう。

嘔気・嘔吐が発現する可能性も考えられます。

万が一過剰に服用してしまった場合は、毒性の発現を注意深く観察します。

血液透析により、アシクロビルを血中より除去することができますから、過量投与により症状が発現した場合は、処置の一つとして血液透析を検討しましょう。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ