バルトレックスは通販

バルトレックスとステロイドのどちらを選ぶべき

ヘルペスによって皮膚に異常が生じた場合、ステロイドを処方されることが多いです。

ステロイドとは、副腎皮質ホルモンの薬のことで、内服薬と外用薬があります。

ステロイドの治療目的は、湿疹、皮膚の炎症、じんましん、虫刺され、乾癬などの治療となります。

現れることのある副作用としては長期連用の場合、ステロイド皮膚と呼ばれる症状などです。

また、塗った場合、体の部位によってその吸収度が大きく異なります。

ステロイド剤にはその強さによって最も強いものから弱いものまで5段階の区分があります。

ステロイドは抗炎症作用があります。抗炎症作用とは炎症をおさえる働きです。

例えば、けがをしたり、火傷をしたり、あるいは、カゼをひいたりしたとき、私たちの身体の細胞は傷つきます。

その障害の原因を取り除いたり、汚れた細胞を片付けるような作用を抗炎症作用といいます。

障害を受けた組織は赤くなったり(発赤)、熱を持ったり(発熱)、むくんだり(浮腫)、いたくなったり(疼痛)します。これが炎症の状態です。

火事で火が燃えさかっているようなものです。

ステロイドはこの炎症を抑える医薬品です。

バルトレックスは、服用してウイルスの増殖を阻害する医薬品です。

抗ウイルス剤といいます。

バルトレックスは体内に吸収されてからアシクロビルに変わって、帯状疱疹ウイルス感染細胞内に取り込まれます。

ウイルスのDNA複製を妨害して、抗ウイルス作用を示す特徴があります。

アシクロビルに比べ消化管から吸収されやすく、1日の服用回数も減り、痛みも早く消失するといわれています。

用法・用量としては、1回1000ミリグラムを3回服用します。

バルトレックスは発病の初期に近いほど効果が期待できるため、原則的に症状がでてから5日以内に服用を始める薬です。

ステロイドは外用薬としてがメイン、バルトレックスは内服薬としてがメインと捉えても差し支えありません。

炎症はウイルスに対する免疫が高まらないとおさまらず、ステロイドでは「ウイルスの働きの結果」にたいして処置しているだけですから、炎症の元を抑えるバルトレックスの方が結果としてはおすすすめです。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ