バルトレックスは通販

バルトレックスの即効性について

バルトレックスは、服用すると肝臓でゾビラックスに変換されます。

ゾビラックス自体がヘルペスの原因となるウイルスを駆逐していくのです。

ゾビラックスとは、アシクロビルを主成分とした抗ウイルス薬で、主に単純ヘルペスウイルスによる性器ヘルペスの再発抑制や、水痘・帯状疱疹ウイルスによる水ぼうそうや帯状疱疹の症状が出た場合の治療薬としてよく用いられています。

なお、バルトレックス、ゾビラックスは安全性が高く、比較的副作用の少ない抗ウイルス薬であると言われています。

バルトレックスは一旦肝臓で分解されてからゾビラックスとしての薬効を発揮しますから、あまり速効性は無いと思われるかもしれませんが、一度服用するとその効果は長く持続します。

ゾビラックスを服用する場合、一日に5回の服用が必要ですが、バルトレックスは一日に3回で大丈夫です。

このような医薬品をプロドラッグといいます。

医薬品の有効成分は注射、服用、塗布などの方法で私達に適用されたあと、体の中の目標部位に到達することによってその効き目を発揮することができます。

この長い過程には、医薬品にとっては様々な難関が待ちうけていて、服用した医薬品のうちのごく一部の有効成分しか目標に到達することができないのが通常です。

例えば、医薬品の有効成分の溶解性、消化管粘膜通過性、体内での代謝(分解)、組織移行性などがこれらの関門の主なものとなります。

ときには製造後の流通・保管過程での化学分解による含量低下が難関となるものも少なくないのです。

これらの難関をクリアーできる改善薬を開発することが薬学の大きな使命の一つでした。

この目的に対してプロドラッグは私たちの体内での代謝反応をうまく活用することをその基盤とした改善法なのです。

服用されたくすりの分子は私たちの水性の消化液にまず溶けた後、小腸などの消化管表面に達し、その粘膜からまず吸収されなければ体内に移行することができません。

一般に粘膜は脂質に富んでおり、それを通過するとくすりの分子は再び体液、血液などの水性相に移行します。とくに血液まで移行したあとは早い血流に乗って肝臓に入ります。

肝臓は異物処理機能があり、薬の分子の一部は処理されてなくなります。

この試練を経て残ったものが心臓に運ばれ、次いで体全体の組織、臓器に急速に移行することができます。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ