バルトレックスは通販

バルトレックスの相互作用について

バルトレックスは他の医薬品との相互作用は少ない医薬品ですが、バルトレックスを服用しながら風邪薬を飲むなどの際は、念のために医師に相談した方が良いでしょう。

薬の飲み合わせによっては、副作用がでやすくなります。

痛風の薬のプロベネシド、胃の薬のシメチジン、免疫抑制薬のモフェチル、喘息の薬のテオフィリンなどとの併用に注意します。

バルトレックスとは、グラクソ・スミスクライン株式会社より製造販売されている抗ウイルス化学療法剤です。

主成分はバラシクロビル塩酸塩です。

バルトレックスには、バルトレックス錠500、バルトレックス顆粒50%があります。

バルトレックスは、単純ヘルペスウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルスの増殖を抑える作用などがあります。

バルトレックスは、単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペスの再発抑制、水痘などに有効です。

単純疱疹の場合、通常であれば成人はバラシクロビルとして1回500mgを1日2回服用します。

帯状疱疹の場合はバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回服用します。

性器ヘルペスの再発抑制のときは、成人はバラシクロビルとして1回500mgを1日1回服用します。

なお、HIV感染症の成人(CD4リンパ球数100/mm3以上)はバラシクロビルとして1回500mgを1日2回服用することになります。

水痘の方は体重40kg以上の小児はバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回服用します。

持病やアレルギーがある人、他の薬を服用している人、妊婦・妊娠している可能性のある人、授乳中の人は、必ず医師に相談する必要があります。

指示された用法・用量を守って服用しましょう。

バルトレックスの主な副作用は、頭痛、眠気、吐き気、下痢、腹痛などです。ですが、めったにあらわれることはありません。

ヘルペスの場合は、皮膚に症状があらわれるので、外用薬をしようする方もいます。

ですが、バルトレックスは内側からウイルスの増殖を抑えます。

免疫機能を阻害するようなことはありません。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ