バルトレックスは通販

バルトレックスの飲み合わせで注意事事項

ヘルペスウィルスとその治療法に関して。

「ヘルペス」という単語は良く耳にしますが、その実態や治療法については意外なほど一般的に知られてはいません。

一般的に言う「ヘルペス」とは、ヘルペスウィルスに感染していて、かつ発症してしまっている状態の事を言います。

余り知られていないのは此処からで、実はヘルペスとは非常にポピュラーで身近なウィルス性の病気であったりします。

20~30代の方では凡そ半数、60代以上の方ではほぼ全ての人がウィルスに感染しています。

つまり、大半の方がヘルペスウィルスに感染しているという事になります。

しかし、ヘルペスにかかっていると自覚される方は極一部ですよね?

理由は、ヘルペスウィルスは例え症状が完治したように見えても体内神経の影でコッソリと潜伏しているからなのです。

ヘルペスは完治したと思える状態にまで身体が回復しても、また何かの切っ掛けで再発する危険性が極めて高い病気です。

その切っ掛けは、ちょっとした体調の変化や風邪薬などの服用など、様々。

一度でもヘルペスの症状を自覚した事がある、または発症してしまったという方は常に警戒が必要なのです。

さて、そのヘルペスの治療方法なのですが、主にバルトレックスなどの抗ウィルス薬を用いて治療が行なわれます。

特にバルトレックスはアシクロビルのプロドラッグとして最近良く使われており、処方されているという方も非常に多いと思われます。

このバルトレックスというお薬は、バラシクロビル塩酸塩という成分を主とし、ヘルペス系のウィルスに非常に有効な抗ウィルス薬の一つです。

ウィルスは細菌よりもより小さく、体内の細胞内で繁殖します。

そのウィルス感染細胞内で活性化し、ウィルスDNAの繁殖を抑えるのがバルトレックスというお薬だと思って下さい。

ヘルペスに対して非常に有効で効き目の強いバルトレックスですが、注意点も幾つかあります。

他の薬との飲み合わせですね。

痛風の薬のプロベネシド(ベネシッド)
胃の薬のシメチジン(タガメット)
免疫抑制薬のモフェチル(セルセプト)
喘息の薬のテオフィリン(テオドール)

といった以上の薬を併用するのは危険度が高いとされており、副作用が出易くなる傾向がありますので注意しましょう。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ