バルトレックスは通販

バルトレックスでメニエールを改善するか

ヘルペス感染症とメニエール病。

全く関係が無いと思われていたこの二つの病気が、最近ではその見方を180度変える様相を呈しています。

北海道のあるお医者様が提唱した説によると、メニエール病の原因がヘルペスのようなウィルスにあるのではないか、というのです。

実は、ヘルペスウィルス感染症の患者さんに良く処方される抗ウィルス薬である「バルトレックス」がメニエール病の改善に繋がるという話しが以前から噂になっていました。

海外でも最近になってバルトレックスがメニエール病に効果があるかも知れないとして話題になっており、実例としてかなりのメニエール病患者の方が症状の回復を訴えているのです。

しかし、現在の日本では、この説の発祥の地でありながら、バルトレックスのメニエール病に対する有効性を認めないという動きがあります。

確かにバルトレックスがメニエール病にどのようにして効果を発揮しているのかという点についてはまだ解明されておらず、現段階での即時立証はかなり難しいでしょう。

とはいえ、今この瞬間にもメニエール病で苦しんでいる方達を門前払いしてしまうというのはどうなのでしょうか?

というのも、大抵の耳鼻科ではバルトレックスを処方して欲しいと頼み込んでも「そんな話しは聞いた事がない」や「何の確証も無いから止めた方がいい」と言い、全く相談にさえ乗ってくれない病院が多いのだそうです。

バルトレックスがそれ程危険な薬なのかというとそうではなく、非常に安全性が高く、副作用が少ない事でも知られており、それが理由でヘルペス系の感染症治療薬として広く使われているのです。

つまり、メニエール病に対してバルトレックスを処方しても何ら危険性は無いという事です。

勿論、薬ですし、副作用は確かにあります。

副作用の中には眩暈などメニエール病と重なる物も含まれているのは事実です。

ですが、メニエール病患者さんには、日常的に夜も強烈な耳鳴りで眠れないという方や、立って居る事が出来ない程の激しい眩暈に襲われている方がいます。

それがどれ程の苦痛であるかを考えれば、症状改善の可能性を認めた上で治る確証は無いし、メカニズムも解明されてはいないけれどという説明の上でバルトレックスの処方を選択肢に加えても良いのではと考えてしまいます。

何故、日本の医師の方達は、こうも頑なにメニエール病に対するバルトレックスの有用性について柔軟な対応がとれないのでしょうか?

私はそれが不満でなりません。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ