バルトレックスは通販

バルトレックスの禁忌と注意点

どのような治療薬にも、禁忌があることでしょう。

水ぼうそう(水痘)や性器ヘルペス、帯状疱疹、単純疱疹に処方されるバルトレックスの禁忌は、どのようなものでしょう。

バルトレックスの禁忌は、配合されている成分もしくはアシクロビルに、過敏症の既往歴を持っている方とされています。

特に、処方の際に慎重さが求められるのは、年齢が高い患者さんや、腎障害を発症している患者さんです。

バルトレックスは、体内に入るとアシクロビルと呼ばれる活性代謝物へと変換され、腎臓から主に排泄されます。

年齢が高い患者さんほど、腎機能が衰えていることが少なくないので、アシクロビルが高い血中濃度であり続ける危険性があることから、バルトレックスを服用する間隔を開けるなどして経過観察を行いつつ、用量や用法の調整が行われます。

高齢の方がバルトレックスを服用している期間中は、水分補給を適切に行うことが大切です。

妊娠の可能性がある女性や、妊娠中の患者さんに処方されるケースは、危険性よりも治療においての有益性が高いと医師により判断されたときです。

動物実験がアシクロビル(活性代謝物)において、妊娠10日目のラットを対象に実施されたことがあります。

腎障害を発症すると考えられる、200mg/kg/dayを上回るほど多くの量を、母親動物に皮下投与しました。

胎仔に尾の異常および胎仔頭部異常が、確認されたということです。

バルトレックスによる性器ヘルペス再発抑制療法を受けていた女性が、その期間中に妊娠をした場合、以降も継続してこの療法を行ったときの安全性は、まだ確立されていません。

授乳を行っている女性に対しての処方は、慎重さが求められます。

バルトレックスを摂取してから、ヒト乳汁中にアシクロビル(活性代謝物)が入り込むケースがあるという報告が出ているためです。

処方された治療薬の禁忌については、医師に説明を求めるといいでしょう。

他にも、服用中の薬で不明点や不安に感じていることがあれば、処方した医師に聞いてみてはいかがでしょうか。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ