バルトレックスは通販

バルトレックスは授乳中の方は注意が必要

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える働きがあります。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与するようにましょう。

バトルレックスによる性器ヘルペス再発抑制療法中に妊娠し、その後も療法を続けた場合の安全性は確立されていません。

授乳婦の方への投与は慎重に行う必要があります。

バルトレックスの投与後、活性代謝物のアシクロビルがヒト乳汁中へ移行することが報告されているためです。

つまり、成分が母乳に含まれてしまいます。

授乳中のお母さんが飲まなくてはならない薬が、母乳を介して赤ちゃんに影響を及ぼさないかという心配はたいへん多いものです。

できれば薬を飲まないほうがよいのですが、お母さんにとって薬がどの程度必要か、母乳中の薬が赤ちゃんにどの程度影響を及ぼすかを天秤にかけて考える必要があります。

日本ではお母さんが薬を飲むときに、あまり検討もされずに授乳を中止させられることが少なくありません。

一度授乳を中断するとそのままミルクになってしまうこともあり、母乳育児を勧める立場の人たちは安易に授乳を中止しないよう注意を喚起しているほどです。

バルトレックスですが、単純ヘルペスウイルスに効果のある薬で単純疱疹の治療によく使われます。

単純ヘルペスウイルスや水ぼうそうの原因となる水痘帯状疱疹ウイルスに効果のある薬としてアシクロビルという薬が以前から使われていましたが、バルトレックスは体の中でアシクロビルに変換されてから効果を発揮します。

単純疱疹は単純ヘルペスウイルスが原因で起こる病気で、口唇に繰り返し水疱を作り、「カゼのハナ」などと呼ばれたりもします。

自然に治る病気ですが、お母さんにとってはつらいものです。

赤ちゃんに感染する可能性もあるので治療はしたほうがよいです。

赤ちゃんに感染した場合、高熱が出て歯茎が腫れ口内炎ができるヘルペス性歯肉口内炎が有名ですが、ほとんど無症状、発熱してカゼのような症状で終わるなど症状の出方はさまざまです。

授乳中に使用しても問題ないと考えられる薬剤代表例の中にバルトレックスは示されています。

科学的にはバルトレックスを飲んでいても授乳を中止する必要はないと考えられています。

薬の服用後約2時間で血液中の薬の濃度はピークになりますので、授乳後に薬を飲むと少しは心配が軽減されると思います。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ