バルトレックスは通販

帯状疱疹と痛み止め

急性期の帯状疱疹と診断されると、ウイルスに効果のある医薬品が処方されます。

帯状疱疹の発症原因は、水痘(水ぼうそう)のウイルスです。

薬は2タイプあり、注射薬の点滴と、内服薬の飲み薬です。

飲み薬で帯状疱疹の治療薬として有名なのは、1日3回摂取するバルトレックスや、1日5回服用するゾビラックスです。

帯状疱疹の治療に使用されるバルトレックスは、ウイルスの増殖を抑制する効果があり、他にも水痘(水ぼうそう)や性器ヘルペス、単純疱疹に働きかけます。

帯状疱疹を発症すると強烈な痛みが生じますから、一般的に痛み止めも処方され、併用することになるでしょう。

急性期の帯状疱疹に用いられる痛み止めは、NSAID(非ステロイド性鎮痛剤)です。

腰痛などの痛み止めとしても、利用されています。

急性期には炎症がひどく発疹もあることから効き目があるものの、薬が効いている時間以降は再び痛くなるということです。

水泡を守るために、外用薬を発疹の箇所に塗ります。

保護目的であることから、痛み止めの作用はありません。

痛みが強烈な場合、水痘(ぼうそう)のウイルスにかかっている部分の神経を、神経ブロックによって改善することができます。

痛み止めを注入するというやり方で、高い効果が確認されています。

帯状疱疹とひと言で言っても、発症してからの時期によって、処方される治療薬を変えていくのですね。

バルトレックスだけでも、服用する飲み薬以外に、注射薬や塗り薬などさまざまなタイプのものが出ています。

バルトレックスは治療目的によって、さまざまな形式が開発されている医薬品です。

飲み薬が一般的に選ばれるのは、帯状疱疹以外に性器ヘルペスや水痘で、口唇ヘルペスの場合は、軟膏を処方されます。

重症なヘルペス脳炎を発症すると、バルトレックスの点滴が用いられます。

さらにヘルペス角膜炎の場合は、眼軟膏がこの病気の治療専用に開発されています。

同じ治療薬でも、さまざまに形を変えて、人々の健康に役立てられています。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ