バルトレックスは通販

バルトレックスとインフルエンザの治療薬

インフルエンザを発症し、その治療薬として処方された薬を使用しながら、バルトレックスを内服しても問題ないのでしょうか。

バルトレックスは、水ぼうそう(水泡)や単純疱疹、性器ヘルペス、帯状疱疹を発症したときに用いられる医薬品です。

インフルエンザにかかってタミフルなどの薬を使用中に、もしヘルペスができた場合、ヘルペスも薬で治したいという状況もあることでしょう。

バルトレックスは、どんな症状に対しての治療に役立てるか、患者さんの状態などを踏まえた上で、異なる用法や用量が指導されます。

もしインフルエンザにかかったのであれば、医師に相談をして、正しい指示を仰ぐのが一番安全な方法です。

その上で問題ないと判断されたのであれば、バルトレックスとインフルエンザの薬を併用してもいいと考えてください。

バルトレックスは比較的副作用をあまり発症しない治療薬といわれていますが、薬である以上は慎重に扱うことが重要です。

患者さんが自己判断することは、避けるようにしましょう。

ご本人のために、大切なことだからです。

例えば、口元に口唇ヘルペスができてしまったから、以前に病院で処方してもらったバルトレックスの残りを使用しようと思われるかもしれません。

口唇ヘルペスを発症する原因は、単純ヘルペスウイルスです。

風邪をひいたときなど、体調を崩しているときには、比較的できやすいようです。

口唇ヘルペス程度でしたら、塗り薬で引いてきますので、バルトレックスを服用するまでもありません。

バルトレックスを使用するとき、特に飲み合わせがよくない薬として、喘息の治療薬であるテオドール(テオフィリン)、免疫抑制薬のセルセプト(モフェチル)、胃薬のタガメット(シメチジン)、痛風の治療薬のベネシッド(プロベネシド)があげられます。

これらをバルトレックスと併用して摂取した場合、副作用の発症率が高くなりますから、注意するようにしましょう。

受診するとき、服用中の薬について伝えるようにしてください。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ