バルトレックスは通販

バルトレックスとヘルペスの治療

抗ウィルス薬「バルトレックス」の詳細情報です。

バルトレックスは主成分をバラシクロビルとする抗ウィルス薬の一種で、主にヘルペス系ウィルスの感染症治療に用いられます。

ウィルスは細菌とは異なり、更に微細な生物です。

ヘルペスウィルスも生物の細胞内でDNAを複製し、増殖します。

その結果起こるのがヘルペス感染症であり、ヘルペスに感染した場合、皮膚や粘膜に水脹れを生じさせ、強い痛みを伴う場合があります。

「バルトレックス」が持つ有効成分は、細胞内で活性化するという特性を持っており、ヘルペスウィルスに感染した細胞内でウィルスのDNA複製を阻害し、その増殖を抑制します。

同系薬のアシクロビルは、臨床試験において偽薬との比較により、凡そ半数が痛みなどの症状改善を認められています。

吸収効率が高いという特徴も持っており、同時に半減期も比較的長い為、人によっては一日に一回~三回程度までの服用で十分な効果が期待出来ます。

ヘルペスと診断された場合、この「バルトレックス」が処方される可能性は極めて高く、よって診察の際には以下の点について医師に必ず伝えるようにして下さい。

1.持病やアレルギーがあるという方は、その点をしっかりと伝えて下さい。
2.服用中の薬がある場合には、その薬の名前を必ず伝えて下さい。
3.妊娠中、またはその可能性があるという方も必ず伝えるようにして下さい。

加えて、他の薬との飲み合わせについてですが、バルトレックスは比較的副作用が少なく、安全性の高さが認められている薬で、注意すべき飲み合わせも決して多くはありません。

ただし、以下の飲み合わせがあった場合、副作用が強く出てしまう危険性がありますので注意して下さい。

痛風の薬のプロベネシド(ベネシッド)
胃の薬のシメチジン(タガメット)
免疫抑制薬のモフェチル(セルセプト)
喘息の薬のテオフィリン(テオドール)

絶対に併用しない、という事はありませんが、これらの併用には注意しておきましょう。

以下、副作用の種類。

重度の副作用。

急性腎不全の可能性あり:だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り、血尿、尿が少ない・出ない。

重い精神神経症状の可能性あり:妄想、もうろう状態、混乱・興奮状態、けいれん、意識がうすれる。

アナフィラキシー様症状の可能性あり:じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい。 血液成分異常の可能性あり:発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(記憶に無い血豆や青あざなど)や歯肉出血など出血傾向。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)の可能性あり:高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。

間質性肺炎の可能性あり:から咳、息苦しさ、息切れ、発熱。

呼吸抑制の可能性あり:呼吸が弱い、息苦しい。

間質性肺炎の可能性あり:から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。

肝臓の重い症状の可能性あり:だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

膵炎の可能性あり:上腹部~背中の強い痛み、吐き気、嘔吐。

その他の副作用

下痢、軟便、吐き気、腹痛
めまい、ふらつき、眠気、頭痛
発疹、かゆみ

以上の点に注意し、用法用量は医師の指示に必ず従って服用して下さい。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ