バルトレックスは通販

バルトレックスの併用禁忌を確認する

ヘルペスウィルス感染症とその抗ウィルス薬「バルトレックス」。

ヘルペスという病気は、皆さんにとって非常に身近な病の一つです。

ヘルペスウィルスが体内に侵入する事で感染し、細胞でウィルスはDNAを複製・増殖します。

これにより、感染者は徐々に自覚するようになり、最終的には強い痛みを伴う場合も出てきます。

このヘルペス感染症の治療に日常的に用いられているのが、抗ウィルス薬の「バルトレックス」です。

勿論、ヘルペス治療薬はバルトレックスだけではありませんが、安全性の高さや半減期、吸収率の都合など、信頼性故に他用されているというだけです。

「バルトレックス」の主成分はバラシクロビルという名で、このバラシクロビルはヘルペス感染者の細胞内で活性化するという特性を持ち、感染細胞のウィルスDNA複製を阻害する効果があります。

ただし、ヘルペスが体内から完全に消える事がありません。

その為、非常に再発する確率が高い病です。

外見的に完治したように見えても、神経の影に潜伏して何が切っ掛けで再発してしまうかは個人によって異なります。

風邪薬などの服用で再発してしまう方も居れば、体調不良から再発してしまう方もいますので、一度再発してしまった場合には、その原因となる行動を良く思いだし、避けるようにすれば再発の可能性を抑える事が可能です。

また、薬の服用によって再発してしまうといった場合、どうしてもその薬を服用したいといった際には医師の指示の元でバルトレックスなどの抗ウィルス薬を予防薬として服用する事も可能です。

ただし、他の薬の飲み合わせとして幾つか副作用を強めてしまう危険性のある物が確認されていますので、これらには注意して下さい。

以下は、その併用禁忌です。

プロベネシド(ベネシッド):通風の薬として処方されている可能性があります。
シメチジン(タガメット):胃の薬として処方されている可能性があります。
モフェチル(セルセプト):免疫抑制薬として処方されている可能性があります。
テオフィリン(テオドール):喘息の薬として処方されている可能性があります。

上記の薬(成分)と併用する事は原則として避けるべきであり、該当する症状にはそれぞれ別の成分を持つ治療薬の服用が望ましいです。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ