バルトレックスは通販

バルトレックスと頭痛薬の併用について

バルトレックスと頭痛薬を併用することは、特に問題はないと言われています。

簡単に言えばバルトレックスはヘルペスウイルスによる神経障害を治療します。

ヘルペスウイルスでは当然、痛み、神経痛なども起こってきます。

そのため痛み止めや、VB12などの神経調節剤を服用するのは良くあることです。

医療用のバファリンは頭痛薬です。アスピリンと言う解熱鎮痛作用を持つ成分を含んでいます。

痛みで眠れないほどになってしまったら、頭痛薬の服用をおすすめします。

ヘルペスの痛みにも効果は出るはずです。

バルトレックスと併用する際、注意が必要な医薬品は、下記のようなものです。

まずはプロベネシドです。

活性代謝物のアシクロビルの平均血漿中濃度曲線下面積(AUC)が48%増加するとの報告があります。

そしてシメチジン、活性代謝物のアシクロビルの排泄が抑制され、アシクロビルのAUCが27%増加するとの報告があります。

そしてミコフェノール酸、モフェチル活性代謝物のアシクロビルとの併用により、アシクロビルおよびモフェチル代謝物の排泄が抑制され、両方のAUCが増加するとの報告があります。

さらにテオフィリン活性代謝物のアシクロビルとの併用により、テオフィリンの中毒症状が現われることがあります。

問題のある組み合わせは時間を空けても問題です。

それは、薬剤が吸収されて血中や細胞などの組織に存在する形で問題が起こるからです。

吸収に影響を及ぼす組み合わせの場合は、時間を空ければ問題ありません。

バルトレックスはヘルペスウイルスの分裂、増殖を妨げる効果があります。

ヘルペスの症状により皮膚に炎症が起こってしまいますが、そのために外用薬などを使用する場合もあります。

バルトレックスはその炎症の元となる、ウイルスに作用するのです。

子供のみずぼうそうなどでは、バルトレックスの使用によっても代謝力の組成に影響は全くありません。

ですから、みずぼうそうとして再び再発するおそれも無いのです。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ