バルトレックスは通販

バルトレックスとファムビルについて

ヘルペスの治療薬「バルトレックス」と「ファムビル」についてです。

ある方のお話を例に、この二つの抗ウィルス薬についてお話をして行こうかと思います。

ヘルペスの原因となるヘルペスウィルスには型や種類が多数存在し、その治療法なども時々で変わります。

また、ヘルペスは一見完治したように見えても体内の神経に潜伏し、再発する可能性が極めて高いウィルスです。

その為、予防薬としてバルトレックスなどの抗ウィルス薬を処方される場合もあります。

さて、そのヘルペスの治療薬である「バルトレックス」と「ファムビル」ですが、あるヘルペス感染患者さんが、以前にヘルペスを発症してしまい、一度は治療に成功して症状も消えたのですが、数年後になって風邪薬を服用した途端に再発してしまったという話しが聞けました。

上記した通り、ヘルペスは体内で潜伏している為、完治したように見えてもウィルスが死滅した訳ではありません。

この患者さんも、潜伏していたヘルペスが服用した風邪薬の影響に起因してヘルペスを再発してしまったと考えられます。

その際、医師の方に「ファムビル」という抗ウィルス薬が処方されたのですが、以前の治療には「バルトレックス」が処方されていました。

ヘルペスの症状は同じで、受診した病院と医師も同じ。 なのに、どうして別の薬が処方されたのか、という点にこの患者さんは疑問を持ったようでした。

さて、その理由なのですが、バルトレックスは非常にポピュラーな抗ウィルス薬で主にヘルペスの治療に使われるお薬です。

対して、ファムビルは最近になって利用されるようになった新しい抗ウィルス薬の一つで、効果はバルトレックス同様ヘルペス系のウィルスに対して非常に有効的です。

ただ、ファムビルはまだ新しい薬である為、現在の日本では適応症が帯状疱疹だけとされており、他にも効果のある症状はあるようですが、認可されていない状態にあります。

つまり、適応症としてこのファムビルが処方されるケースは帯状疱疹だけという事になります。

この患者さんの場合、最初の発症時は帯状疱疹だったが適応する薬にファムビルがまだ無かった可能性がまず指摘されます。

他の可能性としては、最初の発症とは若干症状が異なっており、再発した際の症状が帯状疱疹だった可能性がありますね。

また、帯状疱疹ではありませんが、ヘルペスウィルスに対して高い有効性があると考えられているファムビルですから、あえてバルトレックスではなく、ファムビルの治療効果に医師の方が賭けてみたという可能性も否定出来ません。

何れにせよ、バルトレックスもファムビルも非常に優秀なヘルペス治療薬ですから、不安を感じる必要は無いという事だけお伝えしたいと思います。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ