バルトレックスは通販

バルトレックスと鎮痛剤の併用について

バルトレックスは鎮痛剤と併用することができます。

鎮痛薬は、大抵は、プロスタグランジンという痛みを発生させる原因となる物質を作らせないことで効きます。

市販の鎮痛薬は、主に「アスピリン」「イブプロフェン」「アセトアミノフェン」が配合されたものです。

同じブランドの製品でも成分が異なることがあります。

鎮痛剤の医薬品名にはノーシンやバファリンなど沢山ありますが、基本的にはプロスタグランジンのという成分の合成を阻害するものです。

もう少し細かく解説すると、アラキドン酸からプロスタグランジンを合成するシクロオキシゲナーゼを阻害するというもので、COX阻害と呼ばれます。

このような医薬品は痛みを抑えるだけで痛みの原因を取り除くものではないのです。

ですから、ヘルペスなどで痛みを感じて鎮痛剤を服用しても、治っているわけではなく、「痛くない」だけなのです。

痛みを抑えながら、適切な処置をしないともちろん悪化します。

鎮痛剤で有名な物質を挙げます。ちなみに、鎮痛剤は解熱剤の薬効をもっていたりしますから熱を下げるのに処方されることもあります。

まずアスピリンは代表的な鎮痛剤です。サリチル酸は柳の葉に含まれて薬効があります。

アスピリンは市販薬に入っていますが、小児用としては許可されていません。

そしてイブプロフェンです。何となく聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

これは現在は市販薬でも非常に幅広く使われています。鎮痛剤の主力の一つとして活用されています。

また、ロキソプロフェンナトリウムというイブプロフェンに似た物質があり、これを使ったロキソニンも有名ですね。

イブプロフェンはアスピリンよりも副作用が少なく、効き目が強いといわれています。

ですがやはり小児用には市販薬で入手することはできません。

ロキソニンは市販薬では入手できませんので処方してもらうしかありません。

ロキソニンを処方してもらいました。

そしてアセトアミノフェンはイブプロフェンと並ぶ市販薬鎮痛剤の成分です。特長としては子供も使うことができます。無難な医薬品として知られます。

子供でも使えるだけあってその薬効は穏やかです。

インフルエンザ発症時にはこのアセトアミノフェン系の解熱・鎮痛剤が投与されることになります。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ