バルトレックスは通販

バルトレックスとカンジダについて

カンジダは、真菌(カビ)の一種です。

人間から発見されたカンジダは、100種類ある真菌の菌種のうち7種類くらいです。

人間の病気の原因となるのは、現在分かっているのはカンジダ・アルビカンスです。

バルトレックスは、ヘルペスウイルスがこれ以上増えていかないように抑制するための治療薬です。

カンジダはカビですが、バルトレックスが効果を発揮するウイルスとは、細菌と異なる微生物です。

バルトレックスは抗ウイルス薬として、ヘルペスウイルスの増殖をさまたげます。

バルトレックスが処方されるケースの中に、性器ヘルペスの再発抑制があります。

治療に時間がかかることから、この場合のみ長期の処方が認められています。

この長期間の間にもしカンジダが発症したら、併用しても問題ないのでしょうか。

抗ウイルス薬であるバルトレックスは、細菌と関係のあるカンジダの治療薬には影響を与えないそうです。

カンジダの治療薬が膣に入れる錠剤の場合であっても、膣内の乳酸菌が増えるのを抑制する効果も持っていないので、心配はいらないようです。

体の抵抗力が劣っている時期に、カンジダのような異変が生じる場合もあるようなので、そのようなときはじっくり体を休めることも、治療に役立つのではないでしょうか。

カンジダはカビの種類だということで、少し抵抗を持たれるかもしれませんが、正常人のおよそ1割が膣内から検出されるのだそうです。

膣というと、女性だけのように思えますが、体のさまざまな部分に常在する菌なので、もちろん男性から検出されることもあるというわけです。

カンジダは、異常に増える場合があるのですが、どのようなときなのでしょう。

体の抵抗力が低下したときが、多いといわれています。

ストレスを溜め込んでいるとき、睡眠不足の日が続いているとき、疲労が蓄積しているとき、風邪をひいたときなどです。

歯の治療を受けたり、風邪の治療のとき、抗生物質を摂取することがありますが、その後がかかりやすいときですから、気をつけるようにしてみてください。


>>バルトレックスの正規品をお得に購入するにはこちらを確認<<

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

  •  

このページの先頭へ